最終手段の自己破産|債務整理で借金の苦痛を和らげよう!様々な方法があります。

債務整理で借金の苦痛を和らげよう!様々な方法があります。

最終手段の自己破産

200万円

債務整理を行った場合、弁護士や司法書士が「どうやってお金を返していけば良いのか」というプランを組んでくれます。
通常の場合、そのプランに沿った借金の返済方法を行っていけば約3年間で借金をすべて返済することができるのですが、時には「ここまで来てしまうとどうやっても返済できない」と、弁護士や司法書士がフルに力を振り絞ってたとしても、どうしようも出来ないレベルの借金を抱えている人も居ます。
そのような人は最終手段である「自己破産」というものを行うことになります。

この自己破産というのは、国が定めた「どうしても借金を返すことが出来な人を救うためのシステム」です。
自己破産を行うことによって、今まで借りていた借金を全額免除し、更に今後自宅に「◯年◯月に行った借金を返してください」という風な通知が届くことも無くなり、もし届いたとしても支払う義務がなくなるのです。
そのため、どうしても返せない、という状況になった場合にはこの自己破産を行い、借金から強制的に縁を切りましょう。

また、この自己破産にはいくつかのデメリットが存在しており、金融機関のブラックリストに掲載されてしまう、信頼を重視するような一部職業に一定期間就くことができなくなる、「官報」と呼ばれる国の機関師に「この人が自己破産をしました」という風に、自己破産者の名前と住所が掲載される、といったデメリットがあります。
そのため、自己破産を行う際には「デメリットと現状の生活を続けていく」という2つの状況を天秤にかけ、どちらのほうが辛いのか、というのを考えた上で自己破産を行うかどうかを決めるようにしましょう。